歯科金属アレルギーを防ぐ!アレルギー対策された治療法はあるの?

>

ジルコニアは金属アレルギーの人でも問題なくできる?

このコラムをシェアする

ジルコニアの強み

歯科金属アレルギーによって唾液や飲食物と一緒に体内に金属を飲み込んだ時、アレルギー反応が出る場合があります。
それを防ぐために、ジルコニアの治療で歯を入れるのも歯科金属アレルギーの予防ができます。

強みとしては強度がかなり強いため、余程のことが無ければ劣化や割れは起こりません。
そのうえ変色が少ないので、治療後に日頃の手入れや歯科医でのメンテナンスができていれば、長い期間使用が可能です。
他には、審美の観点でも天然歯と変わらない見た目なのと、酸に強いことから歯周病や虫歯予防にも効果があります。

治療は保険適応外なので、1本あたりの値段は安く見積もっても10万円程度します。素材によっては更に高額になります。
費用面に不安があるようなら、歯科医と相談して自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

長く使用するためのコツ

歯科金属アレルギーを防ぐためにジルコニア治療をした後、セルフケアや歯医者でのメンテナンスができていれば、10年以上使用可能です。
変色もしにくいため、審美性の観点でもプラスになります。

とはいえ、就寝時に歯ぎしりを良くする人は奥歯のジルコニアが割れてしまうリスクがあります。
それによって再治療が必要になることもあります。
就寝時にマウスガードを付けることで予防できます。

一度歯周病や虫歯に罹ってしまうと、酸に弱い素材なので菌の繁殖が進みやすくなります。
それによって歯の病気が起こるリスクも増します。
セルフケアを十分に行い、食生活の見直しをして日頃の生活場面で予防しましょう。また、歯医者に通院した際、歯科医や衛生士から生活指導のアドバイスを受けるのもオススメです。